子どもの「らしさ&強み」発見メディア

お知らせ

お客様の声(学習スタイル診断)

Kyoko 様
もっと早く受ければよかったです

Icon_f

今日は、「学習スタイル診断」の無料説明会に参加させていただき、ありがとうございました。

お話を聞き、自分と子どものタイプが違うことがわかりました。
今まで、子どもの「ながら勉強」にイライラしていましたが、実はその学び方が子どもにとってはベストだったかもしれないことを聞き、「もっと早く知っていたかった」と思いました。
日本とイギリスの教育の違いのお話も面白かったです。

≪診断後の感想≫

診断の質問が多かったため、不登校の子どもたちが事前に質問に回答するかが心配だったのですが、意外と楽しそうに自分の考えを選び、「こういうの楽しい。もっとやりたい」と言っていたので、そういえば日本の子どもたちは、学習スタイル診断のような「自分を見つめる質問」に答える機会がないな、と思いました。 我が家にとっては、事前に質問に答える時間が、親子のコミュニケーションの時間になり、互いの違いを知る機会にもなりました。

解説の日は親子で聞いたのですが、大変丁寧に解説していただき、解説の詳しさに驚きました。 娘に会ったことがある?と思うくらい、娘の性格や行動パターンを言い当てられて、黒沢さんの推察力に感服しました。 また、不登校で他人と話す機会がなかった子どもたちが直接解説を聞き、黒沢さんと話すことで「自分はこういう人間なんだ」ということに気づき、自信を得ることにもつながりました。

私も学校を休ませるかで揺れているところがあったのですが、子どもたちのタイプを聞くうちに、「今後は、子どもたちに合う学習の場を選ぼう」と心が決まりました。 英国で暮らしたことのある黒沢さんが英国の教育事情を話してくださったことで、子どもたち自身の視野が広がるきっかけにもなりました。

「学校に行けない自分はおかしい」と傷ついていた子どもたちが、日本以外の教育事情を知ることで、「日本の教育があわないだけだ」ととらえかたが変わったのです。 また、数秘の視点からの解説も面白く親子の違いを知るきっかけになりました。

学習スタイルに関していえば、以前は寝転がって勉強している息子に注意をして、親子バトルにつながっていたのですが、それが無駄だったことがわかり、息子への注意が減りました。 寝転がったり、歩き回りながら話したりするほうが理解が深まるタイプだったのです。 また、娘は漢字や英単語を書くのが大嫌いで、それを説得して書かせることに疲れていたのですが、動画で学ぶスタイルがあっていることを聞き、注意をすることがなくなりました。これも診断を受けなければ気づかなかったことでした。 私が学校向きのタイプだったため、診断前は息子や娘に自分の学習スタイルを押し付けていたのですが、親子バトルが一切なくなり、効率よく学習できるようになった感じです。 初めは「子どもたちに合う学習スタイルを知りたい」というだけで申し込んだのですが、我が家にとってはそれ以外にもたくさんのメリットがありました。 診断を受けてよかったです。 ありがとうございました。

Icon_f
Mari 様
気づきが得られました
今日は大変お世話になりありがとうございました。
学習スタイル診断、主に自分に合ったお勉強方法のイメージしかなかったのですが、お勉強だけでなく、日常の自分の強みとして知っていると、多方面で活かしていけると思いました。
私は、聴覚優位だったのですが、日々声色を拾って子供達の様子など感じることはあるなぁ〜!と、腑に落ちました。自分にとってはそれが当たり前だと思っていましたが、人それぞれ優位は違うし感じ方も違います。これからは聴覚優位を強みと捉えて、そこから感じ取る力も磨きないなぁ〜!と感じています。
これから、もう少し詳しく自分の診断をしていただく予定なので楽しみです。
子供達も、これから学習や生活をしていく上で知っていた方がいいと思い、申し込みをさせていただきました。子供達も楽しみにしているようです。

≪診断を終えて≫

自分の強みや弱みがわかり、これからの学びに活かしていけそうです。動画学習が向いているというのが、特に納得できました。聴くと見るで、入ってきやすいし、理解しやすい。何となくやっていたことですが、診断結果をいただき、確信に変わり自信に繋がりそうです。 現地に行かなくても家にいて学びたいものを自ら取りに行ける時代になっているので、その強みを活かして、自分の学びを深めていきたいと思います。

長所を伸ばしてくれたらいいなぁ〜と素直に思いました。ただ何となく、この子はこれが得意、不得意という判断で、出来ないことも頑張ろう!どうやったら出来るのよ〜!っと結果ばかりに一喜一憂している親でした。 でも、私のサポートは、1人ずつ違う。娘達に合ったサポートがわかりました。 長女は、もう大きいので自己判断に任せる感じですが、次女は、考えることが難しいタイプ。日々の生活で考えることを取り入れつつ、選択肢を提示したり、イメージを掴みやすい言葉がけをしたりして、視野を広げるところからサポートしていきたいです。

Icon_f
N様

幼少期から、言語発達の遅れや、学校での学習の遅れが気になっており、軽い発達障害やディスレクシア的な特徴があるのではないかと、ずっと悶々としながら勉強のサポートをしてきましたが、学習スタイル診断の存在を知り、どんな学び方が息子に向いているのかが知りたくて受けました。

息子の得意なことにはなかなか目が向かず、他の子と比べて出来ないことばかりに目が向いていましたが、今回診断の結果を聞き、好きなこと、向いている学習方法、また「強み」が分かり、のばしてあげたいところやサポートしてあげるポイントが明確になってよかったです。 私自身だけでなく、一緒に解説を聞いた息子(中2)にも大きな変化がありました。親以外の大人から自分について客観的でかつじっくり話を聞く機会がなかなかないので、今回黒沢さんの話を一緒に聞くことで、本人も自分のことを客観的に考えるよいきっかけになり、本人の自信につながったように思います。「自分はこうなんだ」「自分はこれが得意なんだ」「自分はこれでいいんだ」と自分で思えることが自信につながり、これから益々伸びていくに違いない!と確信しました。親として子を否定せず信じて認めてると、子供も安心して強みを伸ばせるのかと思いました。また、姉弟間で比較しないように、と心がけて子育てしていますが、知らず知らずのうちに、自分とも比べていたことに改めて気づきました。

Icon_f

M様
自分を含め、子供たちが何が得意で何が苦手なのか、勉強する方法がわかり納得しました。
将来について話し合うときに役立ちそうです。
Icon_f
F様
自分の事、娘の事を理解するのに、とてもよかったです。 娘は、診断結果に大きくうなずいて、 納得していました。
Icon_f
T様
自分や子どもの学習スタイルを、詳細に分析していただけると聞いたので受けてみました。強みの伸ばし方や、効率のよい学び方をサポートしていきたいです。自分に合った学び方を具体的に知れたことが良かったです。これから取り入れていこうと思います。
Icon_f
K様
発達障害の息子の能力をもっと伸ばしたいと思ったので受けてみました。おかげで子供の可能性を信じられるようになり、子供が寝転んだ状態で勉強していてもイライラしなくなっています。おかげで子供も伸び伸びとやりたいことをやっていて、興味のある習い事も初めて、没頭していいます。色々なスタイルがあっていいんだということを子供にも伝え、自分らしく力を発揮できるようにと、興味のある分野、気質、などを参考に進路についても考えてみます。
異性間コミュニケーションにおける各種講座の
上へ戻る